読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamakapi 備忘録

思いついたことをぽつぽつと。残しておいたら役に立つかな?と思うことなどをごくまれに。

カメラを買いました

カメラ

一眼レフがほしいと思いつつはや十数年。とうとう意を決して購入。

なかなか購入できなかった理由が何を重視してモノを選んだらいいか分からなかったからなのですが、このままでいたら一生買えないのではないか…と思い至り、電器屋で手にしたときに感触(主に重量)とネット上の評判を参考にしつつ自分の中での優先順位をつけて機種を決めました。

ちなみに優先順位は、1重量2価格3初心者でも扱えること。型落ちモデルであれば1と3はリンクしているような気がします。

f:id:kamaboco:20170314165729j:plain

後ろがほわーんとぼやけるのがいいですね、という入門レベルです。

買ったのはいいのですが、知識はないし対象としてこれを撮りたいというものもないので(じゃあなぜ買った?というツッコミはスルー)、とりあえずカメラを持って近所をうろついて目についたものを撮ってみました。

f:id:kamaboco:20170307154812j:plain

f:id:kamaboco:20170307154753j:plain

F値の違いで背景のボケ方が違うことを学習。上F値4.5、下F値25。

f:id:kamaboco:20170307155318j:plain

f:id:kamaboco:20170307155403j:plain

f:id:kamaboco:20170307155421j:plain

f:id:kamaboco:20170307155438j:plain

同じ構図で撮影モードを変えて撮ったはず、しかしモードをちゃんと覚えていないという。…まずピントをちゃんと合わせられる練習をしましょう、ですね。

f:id:kamaboco:20170307160548j:plain

対象を真ん中に持ってきたらあかん、と怒られそうなやつ。その上白すぎる。

f:id:kamaboco:20170314112201j:plain

にょきにょき。

f:id:kamaboco:20170314170055j:plain

河津桜

そのご、同僚にカメラの沼についてレクチャーを受けました。確かに凝り出したら大変なことになりそうな世界ですね。

201701台湾(4)終 その他ネタ

台湾

今回も最後は街中で見つけたあれこれ。

MRT中山駅の改札を出たところ。

f:id:kamaboco:20170108173758j:plain

コンタクトショップなのだけれど馬來貘のコンタクトレンズもあるよ!

カラコンの縁取りがライモの絵柄とは。素敵だ。しかしライモ攻めますね。

f:id:kamaboco:20170108173810j:plain

 昼間通ったときには宴会準備していたところ(2017台湾(2)記事参照)。すでに夜10時をまわり、テーブルの片付けが始まっていて宴会場面は見逃してしまった。残念。

f:id:kamaboco:20170108222900j:plain

f:id:kamaboco:20170108213110j:plain

要するに尾牙だったのですね。テーブルの片付けが始まっていましたがステージ上の(たぶんカメラ屋の)おじさま方はマイク離さずご機嫌でした。

食べたもの。

f:id:kamaboco:20170107221859j:plain

初日夜、9時を過ぎて西門にて。イカとろみスープ麺と魯筍。

f:id:kamaboco:20170108195110j:plain

文慶雞 | Facebook

 Twitterで見て気になっていたところ。忠孝東路、忠孝復興駅の少し西。せっかく台湾なのに海南鶏飯なのか?とか気にしない。鶏がやわらかい。下水湯おいしかった。

 

買ったもの一部。

f:id:kamaboco:20170108235645j:plain

毎年OPENちゃん手帳を使っています。今回あまり時間がなくて、OPENSTOREは西門近くのところしか行けず、でもなくて、街中で7-11を見つけるたびに入って探し回りました。空振りが続いたあと市政府の誠品下の7-11でやっと発見。

サイズはこれまでのものより大きくて、ちょっと使いづらい。前のがよかったな-。

f:id:kamaboco:20170109000858j:plain

この手の本、増えてますよね。既に何冊か持っているのだけど買ってしまった。

f:id:kamaboco:20170109201541j:plain

微熱山丘のパッケージが春節仕様でした。中秋節春節の時期には素敵なデザインの特別パッケージが出ますね。

 

バス停。

最終日は12時の飛行機なので、朝食後すぐ空港へ向かいました。1月、まだ桃園捷運が開通する前で、バスは混むと聞いていたので早めにバス乗り場へ。國光客運の空港バス乗り場は車站東へ移転。

f:id:kamaboco:20170109075656j:plain

最初、これが切符を買う列だと思い込んで並んでいたら、あとから来た人に「切符買って並ぶのね?」と聞かれ、あれーこれは乗車待ちの列かと切符を買いに。

f:id:kamaboco:20170109080730j:plain

確かに切符売り場には行列はなかった。

f:id:kamaboco:20170109080748j:plain

券売機と有人窓口があり、窓口は混むだろうと券売機にしたら、なぜか手持ちの10元札が拒否され続け逆に時間がかかって行列を作ってしまった。

f:id:kamaboco:20170109080912j:plain

悠遊卡も使えるのですが、ここでチケット発券しなければいけません。

無事にバスに乗り出発。

f:id:kamaboco:20170109082357j:plain

台湾のサグラダ・ファミリアといわれ続けた桃園捷運。この時(2017/1/9)は開通前の台北駅。次はこれに乗って来るのかな-。

2017台湾(3)台灣的著色書(台湾の塗り絵の本)

台湾

夜は重慶南路の三民書局へ。

「著色書」「著色塗鴉本」ぬり絵の本を何冊か見つけた。

f:id:kamaboco:20170221191046j:plain

買ったのはこの二冊。

www.books.com.tw

こちらは台湾の古い化粧タイルをデザインしたもの。美しい。

f:id:kamaboco:20170109213501j:plain

f:id:kamaboco:20170109213602j:plain

着手したら失敗しそうなので、コピーをとってチャレンジするところからはじめます。

同じ出版社から出ている↓この図版を参考にしたらきれいに塗れるだろうか。

www.books.com.tw

…ほしひ。

買ったもう一冊はこちら。

www.books.com.tw

南宋山水画花鳥画の塗り絵。お手本が示されているけどもっと無理。

2007年の出版ですが、同じ年の10~12月に国立故宮博物院で「文藝紹興南宋藝術與文化特展」という企画展があり、そこで展示された絵画を題材にしたもののようです。

今回店頭で現物を見つけられなかったけど、ほしかったのはこちら。

www.books.com.tw

まあネットで注文すればいいのだけど。

 

ちなみに重慶南路の店は四階建てのビルで、フロアの真ん中にエスカレータがあります。上り下りともにあるのですが、下りも動いているのを見たのは数年前のことで、上りだけ動いていることがほとんど。去年の夏に行った時は、上りも止まっていました。

それがなんと、今回、上りだけでなく下りも運転していた!奇跡だ!春節前だからか?

…といっても自分が行って目にするのは年に1,2回だけなので、実は普通に動いているのかもしれない…

201701台湾(2)善導寺~博物館~迪化街

台湾

一ヶ月以上経ってしまいましたが続き。…まあ備忘録なので行ったところを忘れないようにということで。

あたふたしている間に春節も元宵節も過ぎ。

f:id:kamaboco:20170221154026j:plain

見かけてつい買ってしまった紅包。使い道は…と思うのだけどつい。

華山文創園区から善導寺まで歩く。日曜日だったので希望広場農民市場の開催日。

f:id:kamaboco:20170108112853j:plain

圓山の市場に比べると小規模で、農産物そのもの(加工品ではないもの)の割合が多い印象。

f:id:kamaboco:20170108103152j:plain

蜂蜜と珈琲を買いました。水出し珈琲を買ったらおまけで蜜棗もらえました。

 

f:id:kamaboco:20170108114634j:plain

今回の台北行きのもう一つの目的、国立博物館の企画展。

f:id:kamaboco:20170108115509j:plain

f:id:kamaboco:20170108115155j:plain

日治時代の自転車業から始まり、台湾における自転車産業がどのように発展してきたを回顧する展示。

f:id:kamaboco:20170108115754j:plain

台湾ブランドの自転車。

f:id:kamaboco:20170108120551j:plain

f:id:kamaboco:20170108120601j:plain

全く詳しくないのですがパーツも細かく展示されてました。分かる人が見たら多分楽しい。

f:id:kamaboco:20170108115931j:plain

博物館を出て歩いていたら見かけた何か。

f:id:kamaboco:20170108135632j:plain

里民活動とは。

f:id:kamaboco:20170108135623j:plain

北門近くのカメラ街の宴会なのか。

f:id:kamaboco:20170108135750j:plain

朝のニュースで、台北駅裏の華陰街で年貨大街が始まると見たので行ってみた。まだ過年まで三週間以上あり、そこまでにぎやかではなかったけれど普段見ることはないお正月っぽさはあった。

f:id:kamaboco:20170108153816j:plain

f:id:kamaboco:20170108153733j:plain

f:id:kamaboco:20170108153928j:plain

↑この人は有名な人らしい。

f:id:kamaboco:20170108154629j:plain

f:id:kamaboco:20170108145916j:plain

いつになく街が赤い。これが一ヶ月続くのね。

f:id:kamaboco:20170108164350j:plain

迪化街まで行きましたが、こちらはまだまだでした。つづく。

201701台湾(1)水豚君の奇幻童話

ひょんなきっかけで、いい歳して「カピバラさん」にはまってはや数年。

そして昨年末、カピバラさんの展覧会が台北であることを知る。

www.fan-mei.com

い、行きたい…しかし日程的に行けるのは成人の日の三連休しかない。

悩んでいるうちにチケットはどんどん値上がりしていく。

ええい、行ってしまえー

というわけで、ほぼそれだけのためにやってきました台北・華山文創園区。

 

【お断り】以下、展覧の様相が一部分かる内容です。

検索で当記事にたどりついて、自分の目で見ることを楽しみに

していらっしゃる方はご覧にならないことをオススメします。

 

f:id:kamaboco:20170108111558j:plain

かつての酒工場の跡地をリノベーションしたイベント施設。

常設の飲食店やショップもあります。おされ。

日曜日のこの日は撮影会?で主に男性カメラマンがわらわら。

f:id:kamaboco:20170108093537j:plain

SONYやリサガスの展覧会には目もくれず。

f:id:kamaboco:20170108094008j:plain

カピバラさん、アジアで初のイベント。

入り口のこれを見て、よかったなーとしみじみ。

推しのアイドルが海外進出するのを応援するのはこんな

気持ちなのだろうかと勝手に推測。

f:id:kamaboco:20170115232548p:plain

カピバラさんシルエットの禁止マークに一々感激する。

f:id:kamaboco:20170108094140j:plain

壁面には台湾の展示に合わせたイラスト。

f:id:kamaboco:20170108111314j:plain

出迎えてくれる入り口のお兄さんは、まさに飼育員のお兄さん。

写真をお願いしたら、ポーズをとってくれました。

f:id:kamaboco:20170108105610j:plain

アニメーションは日本と同じものもありますが

f:id:kamaboco:20170108105712j:plain

台湾向けに中国語に訳された部分も。

ぬいぐるみやジオラマは日本での原画展などで使用されたものと、

台湾展のために制作されたものとどちらもあります。 

 

f:id:kamaboco:20170116002530p:plain

f:id:kamaboco:20170116002402p:plain

スタンプも台湾仕様。

f:id:kamaboco:20170108105427j:plain

中でも台湾らしいと思ったのはこれ。

白い台の上にはタブレットが置かれていて、指で文字が書けるように

なっています。

f:id:kamaboco:20170108105509j:plain

文字を書くと右上の天燈をかたどったジオラマに映り、

f:id:kamaboco:20170108105520j:plain

天燈に文字を書いて飛ばしたように見えるのです。

こうしたイベントにおける観客参加型の企画の工夫は日本のものと

違う気がします。前に爽爽猫の展覧を見たときにも思いました。

f:id:kamaboco:20170108094710j:plain

12月いっぱいは箱入り鳳梨酥もあったようです。バラ売りでは少し

残ってました。

f:id:kamaboco:20170116003304p:plain

Global Mallは台湾に何店舗かある商業施設。

GlobalMall環球購物中心

板橋店と高雄店の「水豚君」カピバラさんショップは入ってみた

ことがあります。でも去年行ったときは「大丈夫かなあ…」という

印象で、お店(なのか代理店なのか)の存続を危惧したのが正直なところ。

加油!水豚君~

f:id:kamaboco:20170108094702j:plain

香港の飲茶のお店、點點心の台北二店舗でコラボメニューあり。

華山での展覧自体はこじんまりとして、日本での原画展に比べたら

小さな規模ですが、クリアファイル・ポストカード・缶キャンディーなど

台湾柄のグッズもあり、充分堪能させてもらいました。

f:id:kamaboco:20170108135154j:plain

スタンプの図柄は展覧後期で変わるとのこと。

うーん、なんとかもう一度行けないものだろうか…

 

なお點點心、微風信義店にいってみると、日曜ということもあり長蛇の列。

f:id:kamaboco:20170108190719j:plain

入店はあきらめて帰る。こちらにもカピバラさんはいましたよ。

f:id:kamaboco:20170108190734j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201608台湾(5)終 その他ネタ

今回の台湾旅行シリーズ最終回。むむむと思ったもの。あるいはただの記録。

 

台北にもコミケ的なイベントがある。場所はMRT圓山站すぐ、花博公園。

f:id:kamaboco:20160828110233j:plain

コスプレの人も大勢。外のトイレはたいへんなことになっていました。

「人もゆくなるコミケといふものを、われもゆきてみんとて、ゆくなり」と一般開場20分前に会場を見ると、そんな甘い考えの者はおととい来やがれ状態。

f:id:kamaboco:20160828101150j:plain

この看板を持った人が何人いたことか。人の列は途切れ途切れながら公園ゾーンを横切って中山北路まで続く。最後尾は確認していないけれどどこまで続いたんだろう。すいません出直します。

 

國立臺灣博物館

f:id:kamaboco:20160901094921j:plain

建物前の一対の牛。の片方。

今回の企画展はあまり興味がなかったのでパス、ミュージアムショップだけのぞく。

f:id:kamaboco:20160910120428j:plain

台湾民主国の国旗に描かれた虎をモチーフにしたピンバッチなどを購入。 

 

重慶南路書店街

いつもは三民書局ぐらいしか入らないけれど、博物館まで来たので重慶南路を南下して本屋を見る。

簡体字の本を扱う本屋を発見。簡体字の本が入手できるのは三民の地下くらいだと思ってた。

www.worldbook.com.tw

世界書局。レートは1RMB×6。店頭に並んでいる本で興味があって手に取ったものは、刊記を見ると出版が五、六年前のものが多い印象。

www.69book.com

天龍圖書。簡体字本専門店。レートは店頭では1RMB×5、オンラインだと1RMB×4。こちらの方が新しい本が多い。

…しかしそろそろ大陸へも行かねば。

 

臺北大巨蛋

f:id:kamaboco:20160831171553j:plain

機場捷運

f:id:kamaboco:20160901143510j:plain

2016年8月末現在、工事がとまっているもの・工事は終わったけどいろいろあるもの、今後どうなるのか。

201608台湾(4)食べたもの

今回もいろんなところでたくさん食べた。

小上海

f:id:kamaboco:20160828125541j:plain

民生東路、松山空港近くて日本人客も多いところ。

前回、そんな日本人にイラッとさせられることがあって入らなかった小上海の前を通りがかり、今日はどんなだろうと中をのぞいていたらそのまま自分の後ろに列が出来てしまった。なんとなく入らざるを得ない気持ちに。いや逃げることもできただろうけど、まあいいかと。

入っておいてなんだけど、うーん、以前ほどの感動はないなあ。

 

客家料理が好きで、「客家料理」で検索してどこかの口コミサイトで見つけた永康街の餐廳。

f:id:kamaboco:20160828203936j:plain

テーブルにメニューがなくて厨房近くで注文を先に取る。知らなかったのでいささかあせる。

f:id:kamaboco:20160828195137j:plain

 台湾で口取り的なものが出てくるレストランは初めてだ!

f:id:kamaboco:20160828195305j:plain

ずっと食べたかった水蓮 。シャリシャリした食感がいい。今回の滞在では過貓や水蓮など、念願の野菜が食べられてよかった。

f:id:kamaboco:20160828195248j:plain

菜脯蛋もどことなくおしゃれ。形がきれい。もちろんおいしい。

f:id:kamaboco:20160828195059j:plain

白斬土雞、値段がついてなくて(いわゆる時価)注文するのに勇気がいったけど確かにおいしい。

写真ないけど蛤仔蒜頭湯、九層塔が効いててとてもおいしかった。おいしいとしか説明できないのがかなしい。

最後にはデザート、夏だからかグアバだった。

口コミサイトには「リーズナブルな価格」とあったけれど注文するもの次第。自分規準ではちょっと高め。

 

添好運。二回目。台湾なのに…とか気にしない。

f:id:kamaboco:20160831142018j:plain

安定のおいしさ。

f:id:kamaboco:20160831143140j:plain

燜鮮竹卷。

f:id:kamaboco:20160831143629j:plain

名前忘れた…

いずれもおいしかった-。喫飽了!