読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamakapi 備忘録

思いついたことをぽつぽつと。残しておいたら役に立つかな?と思うことなどをごくまれに。

201608台湾(3)台南・安平

今回滞在はずっと台北で、一日だけ台南へ。

台南での目的は1)七股鹽山七股鹽山逍遙遊 2)合成帆布行 3)プリン

…タイトルと違うのがポイント

台灣好行のバスで行けるので、出発前に大台南公車で時刻を調べるも、まだ夏休み中で夏休み期間の平・休日の時刻表しか見られない。

一応それで平日昼間の時間を確認して出かける。ちなみに行ったのは8月29日、新学期一日目の月曜日。

まあなんとか行けるでしょうと台北から高鐵に乗り台南へ。さらに台鐵に乗り台南駅前のバス停へ。

…なんということでしょう、通常期間平日、七股鹽山行きのバスは3本になっていたのです…

着いた時点で乗れるのは14:45のバスのみ。帰りのバスを考えるとぎりぎりだ。

いずれにせよ、昼間の時間がすっぽり空いてしまったので、とりあえず合成帆布行へ向かう。

 

合成帆布行の近く、これまでにも何度も通りかかったことがある臺南開隆宮手前のお店が気になる。

かつて「旭峰號」という屋号の店舗?いまは「僾果鮮」という自然食材やドリンク軽食を扱うお店。台北ナビにも取り上げられていたらしい。

台湾旅行ガイド「台北ナビ」~世界15エリアから現地情報をお届け♪

f:id:kamaboco:20160829121823j:plain

このお茶がおいしかった。

f:id:kamaboco:20160829134322j:plain

ほかに蜂蜜が「今季の蜂蜜!これが終わったらもうないよ!」と売られていたのが気になるも、1リットルくらいと量が多いのとすでに蜂蜜は台北で買ってたので泣く泣くあきらめる。

 

合成帆布行で 帆布の袋をいくつか買い、林百貨をのぞいて七股鹽山に向かうバス停に向かう。その間、台南らしいものを食べたいと思うけれど予習しておらず、さがしてたら無駄に時間を消費してしまいそうだったので通りがかりの度小月でお昼。日本のメディアの取材が来てた。

なお度小月で「龍鬚菜」を注文したら出てきたのは明らかに「過貓」、これは違うというべきか、でも過貓は食べたことないしこれはこれで食べてみたい、しかしそれでは違いがロクに分からない奴となめられるのではないか…と葛藤の末、食べてみたい欲が勝り何も言わずに食す。過貓、好みかも。

 

さてバス停、台灣好行99バスは15分遅れで到着。乗ってはみたものの冷静に考えたら現地での時間はほとんどないであろうという現実を認めざるを得ず。

ここで七股鹽山はあきらめる。

教訓:公共交通機関で七股鹽山へ行きたければ休日、もしくは夏冬休みにすべし。

乗った99バス、安平を通って行くルートなので安平で下車。台南には何度か来ているけれど安平は初めて。

f:id:kamaboco:20160829153644j:plain

小学校前の鳳凰花、南国っぽい。子供達はこの日から新学期。

豆花を食べて安平古堡ゼーランディア城を見る。

f:id:kamaboco:20160829161957j:plain

 f:id:kamaboco:20160829162110j:plain

オランダ時代のものではないとはいえ、この城塞感がいい。

安平古堡横の天后宮。鄭成功が運んできた媽祖像を祀った台湾最初の媽祖廟

f:id:kamaboco:20160829164806j:plain

手頃なサイズの蝦餅(思っていたよりおいしかった!)を買い、99バスに乗り市中心部へ戻る。もっと予習してくるべきであった、と大抵の場所で思うことと同じか。

神農街を通ったので下車。

平日で時間がまだ早かったこともあり、そこまでにぎわってはおらず、しかし薬王廟の扉は閉まっていた。残念。

バス停を探しつつ風神廟を見る。今年春の地震で一部損壊してしまったとか。

神農街近くのバス停から台南駅に戻るには台灣好行の88バス。しかし本数が少ないので他のバス停を探す。…歩き回りました。これまた予習不足。

大回りをして西門路まで出てバスに乗る。帰りの高鐵(すでにチケット購入済み)になんとか間に合う。

最後の目的プリン、高鐵の7-11で何とか入手。台南のいろんなプリンが食べたかった…

f:id:kamaboco:20160829204426j:plain

なお帰国後、自宅にて台南観光本が複数発掘される。

f:id:kamaboco:20160906163647p:plain

前に行った時に予習不足を感じて買ってたんやん!学習能力ゼロやん!