読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamakapi 備忘録

思いついたことをぽつぽつと。残しておいたら役に立つかな?と思うことなどをごくまれに。

屏東霧台へ その4 霧台にて(前編)

台湾

屏東霧台郷

海抜1000メートル近い、魯凱族の人々の暮らすところ。山を越えて東隣は台東。

f:id:kamaboco:20160310121050j:plain

 集落の中心に小学校。

f:id:kamaboco:20160310102546j:plain

  f:id:kamaboco:20160317213647p:plain

休日であれば参観できるそうです。この日は木曜日だったのでここまで。

f:id:kamaboco:20160310102659j:plain

壁面には魯凱族の象徴、百合。

小学校の隣は魯凱文物館。この日はツールド台湾最終日でゴールの設営中。

f:id:kamaboco:20160310102519j:plain

柱は頁岩。百歩蛇や手を繋ぐ人々、実物はずっと鮮やかな色あいです。

f:id:kamaboco:20160310102811j:plain

文物館の横の坂を上ると霧台郵便局があります。

f:id:kamaboco:20160310103243j:plain

ポストの装飾が美しい。黄色と赤の三角形の連続は百歩蛇の図像化でしょうか。

f:id:kamaboco:20160317230152p:plain

f:id:kamaboco:20160310103443j:plain

台湾で一番海抜の高いところにある郵便局だそうです。営業は火・金のみ。

f:id:kamaboco:20160310103959j:plain

さらにを上ると頭目の家に出ます。その横の階段を上ると霧台基督長老教会。 

f:id:kamaboco:20160317222257p:plain

当地の芸術家、杜巴男氏による建築。茂林國家風景區管理處 内の記述によると氏の生前最後の作品だそうです。

f:id:kamaboco:20160317231208p:plain

エントランスの塑像は教会建設に尽力した魯凱の人々。写真が切れてますが丸太を引っ張っています。

f:id:kamaboco:20160317231826p:plain

木製の十字架。

f:id:kamaboco:20160310094659j:plain

椅子の側面の彫刻は魯凱族にとって重要な意味を持つ百合と壺。

f:id:kamaboco:20160310110632j:plain

教会1階の窓から小学校の全景が見えます。

f:id:kamaboco:20160310104228j:plain

山から霧が下りてくるのが目に見えます。曇りではなく霧。